らしくらしにすとになりたい。

もう組織なんてごめん。じゃぁどうすんの?32歳でサラリーマン脱落した主婦の今更自分探し。

物の断捨離も大事だけど、人生の断捨離もしないとね。

今日は、大原扁理さんという人を知って、その人の記事を読みました。

 

なんだか、今自分がぼんやりと感じていることのヒントを得た気がしたもんで、思わずブックマーク登録。

 

一番響いたのは、

 

「自分にとっての幸せを見極める」

 

というお言葉。

 

 

今や周りにはたくさんの情報が溢れていて、

いつの間にか自分の価値観ではなく世間一般の価値観に流されていたり。

 

自分の幸せが何かを見極めるのって実はめちゃめちゃ難しいと思う。

もう色々と刷り込まれている情報っていっぱいあるからさ。

 

特に私みたいに、実は世間一般の人とは違う価値観を持っているなと自分自身でうっすらと気づきながら生きてきた人って、それを隠すために一生懸命周りの様子見ながら生きて行く術みたいなんを身につけてしまったから余計ね。

 

一瞬、「あ、私も普通の人間になれてる!」

 

みたいな達成感は味わったものの、結局取り繕っているからしんどくなって心崩壊。

私なんてやっぱりダメな人間なんやと自己嫌悪。

最悪な悪循環です。

 

前職辞めてからかなり心軽くなったけど、やっぱりちょっと違和感があって、

それで来月から仕事を断捨離するわけですけども。

お金の不安がないと言ったら嘘やけど、それ以上に今は心がわくわくしているからこれでいいんやと思ってます。

 

ってことで、大原さんからいただいたヒントを元に、今日から1日の終わりに「今日幸せやなと思った瞬間」を記録にとどめていきたいと思います。

 

それがこのブログになるか、手帳になるか、ただ頭で思うだけか、それもその時の気分で決めます。

 

今日はこのブログ。

 

・朝ご飯を旦那と一緒に食べたこと。

・お気に入りのTシャツを着れたこと。

・掃除をしっかり出来たこと。

・シュシュと一緒にお昼寝したこと。

・シュシュの散歩に旦那と一緒に行ったこと。

・シュシュとティティの可愛い写真が撮れたこと。

・夜ご飯を美味しく作れて、旦那に美味しいと言ってもらえたこと。

・今こうやってブログを書いていること。

・この後大好きなバラエティ番組を見れること。

・大原さんの記事を見つけられたこと。

 

 

今日もいっぱい幸せあったな。

こんななんでもない日の幸せポイントをしっかり見つめて、

常に自分の幸せを見極められる人になりたいなと思いました。

ミニマリストにおきた弊害、そして気づき。

こんばんは。またまた久しぶりの更新です。

 

今日は我が家である事件が起きました。

 

滅多に喧嘩しない旦那との喧嘩。

 

 

 

ことの始まりはこう。

 

 

 

 

来週、ロッキンジャパンに行く私達。

 

私にとってロッキンジャパンは初めて。

 

旦那は毎年行っている。

 

 

 

今朝の旦那の一言。

 

「ロッキンジャパン用に折りたたみチェアを買おう。」

 

私、「ロッキンジャパンのためだけに?」

 

 

何をかくそう、私は今"ミニマリスト"に憧れており、

 

とにかく不必要なものは持ちたくないブームなのであります。

 

そして9月から敢えて無職になり自分の在り方的なものを見つめ直そうなんて

 

結構リスキーな決断をし、お金も出来るだけ使いたくないブームなのであります。

 

 

 

そんな中唐突に放たれた「チェアーを買おう。」

 

私からしたら、

 

「使うとしても1年に1回のものを買ってそしてそれをずっと家に置くの!?ありえない!」

的なことになってしまったのですね。

 

 

で、私からの提案として、

 

「レンタルしよう。」

 

と言ったのですが、どうも納得していない旦那。

 

「やだ。」と。

 

 

1年に1回しか使わないのに買うのもったいなくない?

ほら、レンタルこんなに安いよ?

 

と説得するも徐々に不機嫌になっていく様子。

 

「じゃぁいい。俺は俺のこづかいで自分のを買う。」と。

 

まぁあまり押し付けてもなぁと思い、私は私のだけレンタルすることになったのです。

 

 

 

そんなこんなで早速チェアーを買いに行きたいというので二人でお店へ。

 

いろいろあったのですが、意外と安いチェアーもたくさんあったりして、

 

「へぇ〜、こんなもんなんだぁ〜。」

 

と旦那について回っていたら、またまた信じられない言葉。

 

「テーブルはどれにしようかなぁ。」

 

 

 

 

 

ん!!??

 

 

 

 

テーブル!!!!??????

 

 

 

 

 

いる?いる?

 

ロッキンジャパンのためだけに

テーブルいる!!!!????

 

 

 

 

 

いや、いらないでしょ!!!

 

 

 

私の中で、そもそもチェアーもいらないけど納得してあげた的なものが

ベースにあるもんだから、更にテーブルと言われた時点でイラっとしてしまい

 

「テーブルなんて絶対いらないでしょ。」

 

と不機嫌な感じで言ってしまったのです。

 

 

 

それを聞いた旦那もついにプチっときたようで、

 

「いるんだよ。うるさいな。一人で探すからもう車戻ってくれ。」

 

と車のキーを押し付けられたのです。

 

 

 

 

 

あぁぁぁ、やっちまったぁ〜。

 

久しぶりに旦那のお怒りスイッチ押しちゃったよ〜。

 

 

 

 

さぁどうするべと。

 

一体何がいけなかったのか、そして今後どうするべきなのかと。

 

一人反省会をしながら車に戻り、

 

現在どはまり中の「アドラー心理学」に基づいて考えてみた。

 

 

 

アドラーさんだったらなんて言うかなぁ〜、と考えていたら、

 

ふと、本の中の一節を思い出しました。

 

利己的に「わたしの幸せ」を求めるのではなく、利他的に「あなたの幸せ」を願うのでもなく、不可分なる「わたしたちの幸せ」を築き上げること。それが愛なのです。

 

おー。これや。

 

 

今回、わたしがミスっているのは、

 

ミニマリストを目指したい、一旦職を失って再度自分を見つめ直したい、

 

って言うのは完全なる「わたしの幸せ」を求めてのこと。

 

ここに「わたしたち」となる旦那が完全に欠落していたことに気づきました。

 

 

 

これはやっちまったなぁ〜、アドラーさんすんません。

いや、その前に旦那にごめん。

 

 

もうこれで私としてはすっきりしたので、後は旦那のほとぼりが冷めるのを待つのみ。

 

案の定気分を害した旦那はむすっとした顔で手ぶらで戻ってきまして、

「気に入ったのない。東京で買う。」と言うので、そっか〜なんて言いながら帰路へ。

 

しばらくむすーっとしていた旦那ですが、

 

私も特に何も言うことなく、いつも通りご飯作って「ご飯だよ〜」って言ったら

機嫌直してくれました。

 

 

それにしても「わたしたちの幸せ」ってなんだろうか。

 

わたしたちの幸せ…

 

わたしたちの幸せ…

 

どうやったら見つかるんやろう?

 

 

 

そういえば最近は自分のことしか考えていなかった。

 

今日はいいきっかけもらったから、改めて「わたしたちの幸せ」について考えてみよう。

 

 

なんて思った日曜の夜でした。

 

 

頑張らなくていい。目標なんかなくていい。踏ん張らなくていい。

前回の焦りの時期から見事復活を遂げた私。

 

やはり背中を押してくれたのは心屋仁之助さんでした。

 

「頑張らなくていい。目標なんかなくていい。踏ん張らなくていい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだよね!?

スッキリした!

 

 

9月から専業主婦になると決めた私。

 

ずっとどこかで、子供もいないのに働かずにただ家事とペットのお世話をしているだけなんて、ただ怠けてるだけなんじゃないか。

 

社会不適合者になってしまうんじゃないかっていう不安が拭えなかった。

 

前の職場の人に、今何してるの?って聞かれて、専業主婦してるって言ったら、頑張ってない人ってハンコを押されちゃうんじゃないかって。

 

でもそれって、結局周りの人達にどう思われるのかばかり気にして、そこに自分のココロがないってことに気付かされました。

 

 

私が、専業主婦をしたいから専業主婦になる。

 

 

それでいい。

 

 

あぁぁぁぁ、すっきりした〜。爽快。

 

心屋さん、ありがとう。

 

 

 

その流れでずっと気になっていたアドラー心理学も勉強したいななんて思い、

まずは「嫌われる勇気」を読破。

 

あまりにも面白すぎたので今は第二弾の「幸せになる勇気」を読んでます。

 

今まで、本を買ってもなかなか読みきれなかった私が、寝る間も惜しんで1日で読み切るという奇跡。笑。

 

 

今日も休みなので、「幸せになる勇気」をひたすら読みたいと思います。

 

ありのままに生きたら恐ろしくダメ人間になっちゃうけどみんなどうしてるんだろ。

おはようございます。

らしくらしにすとです。

 

私は本当に面倒臭い人間で。

なんでもない毎日を「幸せだなぁ」と思うこともあれば、

「こんなのらりくらり生きていていいの!?」

と妙に焦り出す時もあり。

 

昨日からなぜか後者タイプにスイッチが入ったようです。

 

なんなんでしょう。

 

のらりくらり生きていることがすごく「悪い」ことのような気がするから焦るんでしょうね〜。

 

悪いことなのかなぁ。

 

常に成長し続け頑張ることが人生だ!

みたいなのが体に染み付いちゃってんのかなぁ。

 

みんなどうやって生きているんだろう。

 

なんてふと思ってみたりします。

 

前職を辞めた時に、もうこれからは自分の心に素直に生きていく!

って決めたけど、私が本能のままに生きたら恐ろしくダメ人間だよ。笑。

 

出来れば働きたくないし、だらっとしていたいし、寝たい時に寝たいし。

 

ま、あんまり深く考えずにそっとしておこ。

 

そしたら自然にこの変な焦りの時期も過ぎていくでしょ。

 

とりあえず仕事行ってきます。

記事を書き終えた途端なぜか記事が全部消えて萎えてました

こんにちは。

らしくらしにすとです。

先日、なかなかの長文の記事を書いて更新しようとした途端、

なぜか記事が全部消えてしまい、恐ろしく気持ちが萎えてしまい、

やっとまたブログに向き合う気になれました。笑。

 

ところで先日、旦那が仕事から帰ってくるやいなや

「今日は何の日ですか?」

と言ってきて、なぜかすごく焦って日付すら出てこず頭が真っ白になりました。

 

仕事から帰ってきて奥さんに突然

「今日は誰といたの?」

と聞かれてなんにも悪いことしてないのになぜか超焦ってしまう男の人の気持ちがわかりました。

 

突然の質問、だめよ。

 

 

 

 

結局、交際始めてから10周年の日でして、

高級ケーキを買ってきてくれたのです。

思いがけずのお祝いで照れくさくも旦那の愛を感じて嬉しく思ったものです。

 

私達は交際初めてもう10年。

そして、結婚して8年経つわけですが、今年ようやく、

「子供、作ってみる?」という話になったわけです。

 

 

とは言っても私ももう34歳。

旦那は36歳ですから、「絶対に作ろうね!」という話にはなっていません。

子供を作るという行為を解禁してみようか、ってくらいの感じです。

 

「絶対に作ろう!」ってしてしまうと、

出来なかった時のショックが大きそうなので。

 

なので、とりあえず1年間妊活してみて、

それでもし出来なかったらまたしばらく2人の生活を楽しもうねなんて話してます。

 

 

ももし出来たら果たして私は子育て出来るのか?

という不安があるのも事実。

 

 

特に私のように周りの友達がみんな子育て世代でその友達から色々子育ての悩みや苦労話を聞いてしまっているもんだから、やたら情報だけが入ってきて「子育ての大変さ」がもう身に沁みてしまっているというか…。

私に耐えられるのだろうか…という不安が先にきてしまう。

 

街を歩いていても、お子様連れのお母さん達を見るたびに、

本当に素晴らしいな、私はあんな風になれるのかな、なんて思ってみたり。

 

 

「出来ちゃえば育てるしかないんだから考えすぎだよ!」

って周りには言われるんですけどね。

 

とりあえず引き続きゆるりと妊活してみます。

 

今日はなかなかのとっちらかりブログ

おはようございます。

らしくらしにすとです。

 

今日はふとニュージーランドのことを思い出しました。

ニュージーランドクライストチャーチ

私にとっては非常に重要な街。

 

何を思ったか、私は15歳の時に突然

「海外の高校に行きたい。」と言いだしやした。

 

困ったでしょうねぇ、うちの親は。

「何をゆぅとるんや。」と。

わかんないけど突然神の声のように私の中に降ってきたもんだから仕方ない。

そしてやっかいなことに一度決めると私はそれを実行するまで諦めない。

頑固。しつこい。あの手この手で親を説得。

 

見事ニュージーランドクライストチャーチの現地校に行くことになりました。

 

今考えるとすごい行動力。笑。

若いって素晴らしい。

 

で、3年間親元離れてニュージーランドで過ごしたんですけど、

この3年間は人生の中でも恐ろしく濃い濃い3年間になったわけで。

でも帰国してもう16年(!?今計算して驚き)も経つと少しずつその事実も薄れていき、あの時感じたこととかものとかいっぱいあったのになぁ、なんてセンチメンタルになってみたり。

当時にブログやってれば良かったんだよね。

でも当時はやっとパソコンが流通しだした時代で、なんかチャットルームとか流行ってた頃だからね。

 

まぁそんなことを思いながら今はマクドナルドでかたかたブログ書いてるんですけど。

 

何が言いたいかっていったら、日々私は変化しているしその時代その時代で違う生き物のように生きてたんやなぁと思う。

きっと今の自分も10年後の自分から見たら変な生物やと思うし。

 

そう思うと、10年後こうなっていたいっていう理想はあってもそこに囚われて今を見失うのはあかんことかなぁと思ってみたりする今日この頃。

私はどうしても広い庭のある一軒家に住みたいっていう夢が拭い去れなくって、

そうなると「お金が必要!だから働き続けなきゃ!」ってまた無理して仕事しようとして、結局自分が今大切にしたい家のこととか動物達と向き合う時間が減って、それにストレス抱えて、でもお金が必要だから仕方ないなんてそんな気持ちにまた蓋をしてって…。

 

結局前職とやってること一緒やないかいっ!

 

 

そうそう、だから8月でパートも辞めることにしたんです。

今、大切にしたいもの。今、向き合いたいもの。

それだけに集中する!

結局未来なんて今の積み重ね。

大切なものを大切にして生きていけば未来は大切なものに溢れた日々になるはず。

もちろん一軒家に住むのは夢だけども。

それはあくまでも私が思う「幸せ」の一つのイメージ。

 

今日はいつも以上にとっちらかったブログになりました。

 

おそらく突然ニュージーランドのことを思い出したのは、明後日からオーストラリアに旅行に行くからです。楽しみ過ぎてそのことばっかり考えているから、そういえばニュージーランド元気かなぁ、なんて思い出したんやと思います。

 

ということで、今日もこれから仕事いってきます。

 

Human Bloom Tour 2017に行ってきました

おはようございます。

らしくらしにすとです。

 

あぁぁ、まだ余韻から抜けられない。

 

昨夜のRADWIMPSのライブ。

Human Bloom Tour 2017

 

私はRADWIMPSが大好きです。

もうボーカルの洋次郎さんは天才。

なんであんな歌詞が書けるんだろう…。ともはやライブで感心しっぱなし。

 

彼があの言葉達を紡ぎ出すまでには色んな経験があって、

そしてこのメロディーにのせて私たちに届けるまでにもきっと色んな葛藤とか物語があって…とか考え出すとすんごい感動しちゃう。

 

私は小さい頃から「動物が好き」っていうこと以外、何かに熱中できたものもないし、これだけは誰にも負けない!みたいなものもなかったし、なんかそこそこ色んなものに興味もって色んなことがそこそこ出来て、みたいな人間だから、自分が好きなことに特化してそれでプロになってる人達を見ると、本当に羨ましいと思うと同時に魂を揺さぶられる。

 

よし、絶対来世はこういう生き方をしよう。って。(現世は諦めるんかーい)

 

 

最近よく聞く「好きを仕事にする」

代表的なのはYou Tuberなのかな?

賛否両論あるんだろうけど、私は「好きを仕事にする」ってすごく好き。というか憧れ。

好きを仕事にするってとても大変なことだと思うんだよね。

果たしてそれがお金になるのかどうか分からないからこそ周りからの反対はあるだろうし、すぐに成果が出るわけじゃないから心折れそうな瞬間もたくさんあるだろうし。

それでも自分を信じてやり続けて生きていくっていうのはまじで尊敬。

 

そんな方々の足元にも及ばないけど、私も自分の好きに忠実に。

どうしても今までの癖で周りの視線とか世間体というフィルターを通して見ちゃうけど。

自分の心が幸せって感じられるように生きていこうと改めて感じられたライブでした。

 

 

ありがとう!RADWIMPS!!