読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしくらしにすとになりたい。

もう組織なんてごめん。じゃぁどうすんの?32歳でサラリーマン脱落した主婦の今更自分探し。

今日こそ、年収300万減っても私が欲しかったもの(後編)

f:id:meimoa:20170422120234j:plain

 

こんにちは。

今日も朝から初めて行った公園でのんびりお散歩して幸せセンサーマックスになったらしくらしにすとです。

 

私が自分の生活に対して「あれ?」って思い出したのは29歳くらいでした。

 

小さい「はてな」というより、うっすい「はてな」がぼや〜っと見えてきた感じ。

 

それからは自分の中からふと声が聞こえてくるように。

「ねぇねぇ、聞こえる?」って小さい声から始まり、

「ねぇ、今楽しいの?」

「今のあなたが本当に望んでいる自分の姿なの?」

「これからどうしたいの?」

「なんでそんなに頑張ってるの?」

 

 

正直、この声が聞こえ始めてからはとてつもなく苦しかったです。

ちょうどその時、私はキャリア的にもステップアップしたところでした。

 

ウェンディングプロデューサー

チーフウェディングプロデューサー

そして、その時新しく出来た人事の研修班という部署の第一人者として抜擢していただいたのです。

 

 

自信もないし不安だらけだったけど

「与えられた仕事は絶対に全うする!」が信念で仕事をしていた私は、

「ぜひやらせてください!頑張ります!」なんて公言していたところです。

 

そんな時に現れた私の中のもう一人の私。

やたらめったら話しかけてきます。

「本当にいいの?」「何がしたいの?」「楽しいの?」「何のために働いているの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

うるさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!

 

 

 

 

 

私はその声を必死で振り払うかのように働きました。

頑張りました。聞こえてくる声に答えることなく、

「これでいいんだ。」「仕事なんて苦しいもの。」「私は人を教えるのが得意ってみんなが言ってた!」「だから頑張ればきっと仕事が好きになって私はもっと成長出来るんだ!」「こんな声に惑わされちゃだめだ!」って。

 

 

でも、頑張れば頑張るほど苦しくて全てが空回りしだして、

そして遂に体に異変が起き始めたのです。

 

・謎の汁が唇からずっとで続ける(唇崩壊すると思った。笑)

・右側の座骨神経痛が治らない(痛すぎて寝れない、歩くのも座るのもしんどい)

・両足ひざ下に謎の赤いぼつぼつ。(かゆくてたまらん!掻きむしって血出る)

・そしてなんかすごいブスになってきた。笑。

 

体調不良なんて自己管理不足の極みだと思っていた私は、

体調不良になっている私が許せなくって、また自分が嫌いになって、でもこんなことに負けない!なんて躍起になって。

 

そしたら次に精神が崩れ始めました。

 

・毎朝仕事行く前に涙が止まらなくなる(化粧が全然進まん)

・突然高熱がでる(気合いで治す)

・昼間に急激な睡魔が襲ってくる(トイレ行って自分を殴る)

・仕事していたらまた突然涙が出てくる(慌ててトイレに隠れてひたすら泣く)

・恐ろしくブスになる。笑。

 

 

すると私の中から大きな声で聞こえました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ねぇ、やばくない?」

 

 

 

 

 

 

 

ここでやっと、私は自分の中の声に返事をしたと思います。

 

 

 

 

「…うん、やばいよね…。」

 

 

 

 

そこから私は自分の中の声と向き合うことになったのです。

そしたらまたここからが大変!

今まで、「会社のため!お客様のため!後輩達のため!」で仕事をしてきていたがために、

自分の中の声の質問に答えられないのです。

 

 

心の声「じゃぁまず最初の質問行くね。あなたの夢って何?」

私「…。夢とかない。分かんない。」

 

心の声「あ、そう。じゃぁ次の質問。なんか今欲しいものとかあんの?」

私「…。別に…。そんな物欲ない方だし。」

 

心の声「ふ〜ん。じゃぁ何してる時が一番楽しいの?」

私「…。寝てる時…かな。」

 

心の声「…。全然自分のこと知らないんだね。」

私「分かんないよ!!むしろ教えてよ!!!!!!泣」

 

 

 

こんな会話を毎日のように続け、悶々とした日々が続き、

あぁでもない、こうでもない、と自分の心の奥底ぉに埋もれてしまった「自分の本音」を発掘する作業をひたすら藁をも掴む思いで続けていきました。

 

ひたすら本を読んだり、セミナーに参加してみたり、本に書いてあるワークをやってみたり、いろんな人の話を聞いてみたり。

 

1年半位でしょうか。

 

やっと自分の本音が見えたのは。

いや、正確にいうと、自分の本音を見つけてそれを自分で受け入れるまで、かな。

 

「私が欲しいのは、自分と自分の大切な人を大切に出来る環境だ。」

 

こうやって文字にするとこんな簡単なことがなぜ分からなかったんだろうと思うけど、

そんなことも見えなくなるくらい、毎日の忙しさに私は忙殺されていたんだと思うと、

あの苦しい時期を乗り越えて良かったと心から思うのです。

 

あのまま自分の心の声を無視し続けていたら…。

自分と向き合うことに諦めていたら…。

 

考えるだけでぞっとします。

 

 

あれから今現在も、自分の心の声をしっかり聞く、という作業は続けています。

今は心の声ともとても良い関係です。

 

心の声「今、自分が大切にしたいもの大切に出来てる?」

私「うん、出来てる。」

心の声「今、幸せ?」

私「めっちゃ幸せ!でももっと幸せになりたいからこれからも宜しくね!」

 

 

私が年収300万減っても欲しかったもの。それは、

・時間

・本当の自分

でした。

 

 

ご静聴ありがとうございましたm(__)m