らしくらしにすとになりたい。

もう組織なんてごめん。じゃぁどうすんの?32歳でサラリーマン脱落した主婦の今更自分探し。

「言葉にできるは武器になる」を実際に試してみた

さてさて、早速ブログが2日程あいてしまいました。笑。

 

いーのいーの、私はらしくらしにすとだから。

書きたい時に書いて、書きたくない時は書かないの。

 

ちなみにここ数日何をしていたかというと、

旦那が1週間出張に行っているのをいいことに、

友達とディズニー行ったり、久しぶりに会った友達と飲みに行ったり、

犬連れて乗馬に行ったりしていました。

 

楽しかったなぁ…

明日、旦那帰ってきちゃうなぁ…笑。

 

 

 

でもね、実はそんな遊びの合間にも、いそいそと取り組んでいたことがあるのです。

それは、

「内なる言葉と向き合うワーク」

 

なんやそれって?

これです、これ

↓↓↓

f:id:meimoa:20170426140301j:plain

 

梅田悟司さんの

「言葉にできるは武器になる」

 

おもしろいーーーーーーー。

そしてタメになるーーーー。

全然言葉に出来ていない。笑。

 

 

梅田悟司さん曰く、日々自分の中で発せられる「内なる言葉」に耳を傾け、

それを言葉にする、という作業をしていけば「自分の言葉」というものは磨かれると。

つまり、どんなに小手先の話術や話す技術を磨いたって、

「自分の考え」がなければそれは上辺の言葉でしかなく、

相手にも全く響かないのだよ、ということが書いてあります。

 

もう仰る通り!!

 

じゃぁ実際にどうやって「内なる言葉」と向き合うか、

そしてそこから更に掘り下げて自分の考えを確立していくか、

その方法を具体的に示してくれているので、「やってみよう!」と思ってここ数日はまってます。

 

まずはテーマを決めて、ひたすら思いついた言葉をA4用紙に書きだしていく。

今回私は「これから私はどのように生きていきたいか。」にしました。

 

もうなんでもいいんです。

思いついた言葉、文章、全て書きだしていく。

この作業がとても爽快。

 

恥ずかしくてすべては紹介しきれませんが、

私はこんな感じ。

 

・自由

・しばられたくない

・私らしくいたい

・生活も思考もシンプルに

・自然が感じられる環境にいたい

・動物と暮らしていたい

・庭付きの大きな一軒家がほしい

・お金もほしい

etc...

 

 

f:id:meimoa:20170426141604j:plain

なんだか幼稚なことばっかりだにゃ。

 

そして言葉を出し切ったところで、今度はグルーピングしていきました。

私のグループは、

 

・欲しいもの

・理想の生活スタイル

・理想の自分

・大事にしたいもの

 

ですね。

 

で、ここで自分の考えの幅を広げていく、という作業が入るんですが、

例えば私のグループを見ていただくと、

すべて主語が「私」になっているのにお気づきでしょうか!?

 

私が欲しいもの

私の理想の生活スタイル

私の理想の自分

私が大事にしたいもの

 

めっっっっっっっちゃ自分本位!!!!!!!!笑

これに気づいた時自分で笑っちゃったよね。

でもこれが大事。

自分の考えには「自分」が主語になってしまう癖があるってことなんです。

 

なので、ここで今度は違う視点での新たなグループを作ります。

私の場合、

「世の中のために自分が何ができるか」

というグループを作ってみました。

 

そうしたら出てくる出てくる、恐ろしいほどのネガティブワード。

・私が人のために出来ることなんてない

・人のためより自分のために生きたいし(最低か)

・なんにも出てこない

 

いやーしょうもない人間だね〜。

でもここで大事なのは「私って本当に最低な人間…。」なんて落ち込まないこと。

だってこれは紛れもなく私の本音、いや、本性!!

しょうもない自分を受け入れてあげて、更に深掘りをしていきます。

 

「なんで人のために出来ることないなんて思うの?」

「なんでなんにも出てこないのかな?」

「本当に人のことなんてどうでもいいと思ってるの?」

 

そうすると、自分には自信がない、という事実が浮かび上がってきて、

最終的には

「自分が好きなこと(自信がもてること)で社会の役に立つことをしたい!」

というそれなりに人間っぽい答えがでてきました。

ふぅ、良かった良かった。

 

 

ってな感じでね、頭だけでぐるぐる考えていることを一旦外にはきだして、

そしてそれを客観的に見つめて、思考の幅と深さを広げていく、というワーク。

 

楽しいですよ。

 

この本には、更にその自分の考えをどう言葉にしていくか、というところまで書いてあるので、引き続きワークを続けてみたいと思っています。

 

 

 

ではでは。